社員インタビューInterview

主任カウンセラー/K.N

2016年11月中途入社

K.N

主任カウンセラー

人とのつながりや関りに興味を持ち、カウンセラーに

これまでSE、プログラマーや営業、デザイナー、ディレクターとして色々な人生経験をしてきました。特に広告制作会社では、博物館のグラフィックデザイナーなど大きな仕事を任せてもらいました。

カウンセラーを志したのは、部下とのつながりや人との関わりがすごく大事だと思ったから。人と自分がどう関われば今後さらに良くなっていくかに興味があり、カウンセラーの資格を取得しました。

基本的にカウンセリングは相談者様からサポートしてほしいという依頼があって行います。ところが、弊社では企業様から依頼をうけて従業員様のカウンセリングをします。45分から1時間程度の短い時間の中で関係を築き、相談者様に気付きを与えたり、前向きになっていただいたりしています。

人生の変化に関われたり、きっかけになれるやりがいのある仕事

カウンセリングは、毎月継続する場合もあれば、1年に1回や数年越しの場合があるなど、企業様によってさまざまです。

経費節減などとは異なり、カウンセリングの結果は数字で出しにくいもの。さらに一度実際に体験していただかないと企業様にご理解いただきにくい部分もあります。

当社では「健康経営優良法人」の認定制度と合わせ、認定の一環としてカウンセリングに興味をお持ちの会社様にご提案を行います。

カウンセリングの魅力は、相談者様の今後の人生が変わることに関われたり、きっかけになることができること。短時間のカウンセリングでも「ありがとう」「受けてよかった」と言っていただけたり、相談者様の人生が少しでも良くなるきっかけになれるのは、やりがいになりますね。

カウンセリングは心の健康診断、人生に生かせるトータルアドバイスを

カウンセリングに抵抗をお持ちの方もたくさんおられます。なかには「カウンセリングはうつ病の人がうけるものですよね」という方もいらっしゃいます。

うつ病は誰もが発症するリスクがありますし、一度発症するとなかなか治らないものです。カウンセリングは発症しないようにするための予防であり、心の健康診断なのです。

相談者様ご自身の受け取り方や意識を変えたり、自分で気づいていないストレスを自覚しなるべくそのストレスに関わらないようにするなど、仕事だけでなくプライベートや子育て、家族の問題にも生かせるトータル的なアドバイスを行っています。

外部の専門家と連携をとり、健康面でもサポート

私どもは医者ではないので、健康問題については診断できません。しかし健康やストレス軽減、疲労回復のためには睡眠が大事なので、睡眠外来の医師と外部顧問契約を結んでいます。

ほかにも保健師など健康にまつわる専門家と連携をとりながら、心の面だけでなく健康面でもサポートを行っています。

企業様にとっては、従業員様が休職・退職すると、新しい求人の費用や教育の費用・時間がかかるなどそのリスクは計り知れません。退社した方へのハラスメントなどがあった場合は、裁判になる可能性もあり企業リスクは高まります。

心の持ち方や出来事のとらえ方を変えることによって休職や退職する方を減らすことができれば、企業様にとっても非常にメリットがあると考えています。

主体性のある方、大歓迎。一緒に社会貢献をしていきましょう!

当社には自分で考えて判断できる人や主体性のある人が向いていると思います。その時々で何がベストなのかをある程度瞬時に判断でき、自分から提案できる方にきていただけたらと思います。

当社は働き方を個人に任せてくれます。それは会社から信用されているということ。自由な反面、自由には責任が伴いますので、責任をしっかり全うできる方も大歓迎です。風通しがよく、みんなで会社をよくしていくために必要なことを伝え合い、話し合える環境ですよ。

仕事内容は入社してから覚えていただければ大丈夫です。いい会社を作りたいという気持ちをお持ちの方と一緒に仕事をしたいと思っています。

心と体が健やかな人を一人でも増やすことができれば、本当に社会貢献になると思います。日本はメンタルケアの分野では遅れていると思うので、この部分でできる社会貢献を一緒にしていきましょう!

SNSでシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加